「投資は長期で行わないと儲からない」などと言われていますが、絶対にそうだとは言えません。 それは、日本株式市場の成長率が低くなってきているからです。 そのため、長期投資を行ったとしても、確実に儲かるとは言えなくなってきており、長期投資にそれほど期待することができなくなってきているのです。 では、どのようにすれば、儲かる確率が高くなるのでしょうか? それは、世界に目を向けることです。 日本だけで考えてしまうと、長期投資はあまり良い手段とは言えませんが、世界に目を向けるとまだまだ有効な手段です。 日本の成長率は低くても、世界の国々の中には成長率が上がっているところがあります。 そういったところへ投資をすることで、儲けられる可能性が高くなるでしょう。 しかし、全ての資産をその国に投資するのは非常に危険なので、日本を含めた色々な国に分散して投資する方がリスクを抑えることができます。 長期投資を行う場合は、このように日本だけではなく、世界に目を向けるようにしてください。